営業部

営業部 営業1グループ 2015年新卒入社※所属はインタビュー当時

営業部のメンバー

就職活動


直行直帰型の営業スタイルに求められる自律遂行能力。責任は伴うがやりがいは十分

就職活動は外資系医療機器メーカーを中心に、その他業界の外資系企業の説明会に参加していました。というのも自身が外国語学部出身だったため、なにかしら海外との接点が持てるような環境に興味があったからです。

医療機器メーカーを活動の中心に据えた理由は、昔から病院通いの親戚・知り合いを見てきたことにより「治療」というもの(特に医薬による保存的治療よりも外科的治療)に興味を持ったこと、また医療機器メーカーに勤める知人からも薦められたからでした。

当時のオリンパス テルモ バイオマテリアル営業職は中途採用者のみで構成されており、営業職としての新卒採用は設立後初の試み。しかもその採用数は1名のみでした。中途採用者が多いということは、自分の上司・先輩は皆その道のプロであり、その中に身を置くことで自分自身の確実な成長に繋がるのではないかと考え最終的にオリンパス テルモ バイオマテリアルを選ぶに至りました。

オリンパス テルモ バイオマテリアルでの仕事


2015年金属インプラント領域に進出した当社。生体材料とのシナジーによりさらに多くの患者さんの治療に貢献

入社後の1ヶ月間は新入社員研修期間としてビジネスマナー修得や商慣習のインプット、営業同行、工場見学などを行い、その後の5ヶ月間は先輩社員へマンツーマン同行しOJTでのご指導を頂きました。実務に携わる先輩の傍らで、医療現場でのマナーや事務処理方法を学んだほか、手術にも立会うことで臨床知識(診察・治療)や営業トークなど、オリンパス テルモ バイオマテリアル営業職として必要な素養を養うことができたと思っています。

同行期間を経た2015年10月、会社から自身の営業車が貸与され神奈川県エリア担当として配属されました。営業のスタイルというのは各社各様ですが、オリンパス テルモ バイオマテリアルの営業は社用車を使った直行直帰型が特徴です。配属後、2つの大学病院とその他大口施設の計25ほどの施設を任されました。2年目からは愛知県・岐阜県エリアの担当となり、担当施設数、エリア規模、手術症例数など以前に比べ多くなっています。

現在は、所属する営業1グループの東海エリアチームに属しています。膝周辺の骨切り手術で使用するインプラントや人工骨、脊椎インプラント品の営業を行うほか、ドクターや看護士向けの手術器械説明や手術立会いも行います。部署全体が関わる業務内容としては、比較的規模の大きい学会などに営業メンバーを派遣し、そこでドクターとのコミュニケーションを図ったり営業活動を行っています。ほかにも現在オリンパス テルモ バイオマテリアルが注力しているHTOのセミナー・研究会・フォーラムの開催なども営業部全体で実施します。
また入社2年目には、ある製品試験のため初めての海外出張で香港へ行くなど、貴重な経験もさせて頂きました。

HTO:High Tibial Osteotomy (高位脛骨骨切り術) 新規タブで開きます

オリンパス テルモ バイオマテリアルについて


営業部一丸となって臨む学会では多くのドクターと接する機会にも恵まれる

就職活動は外資系医療機器メーカーを中心に、その他業界の外資系企業の説明会に参加していました。というのも自身が外国語学部出身だったため、なにかしら海外との接点が持てるような環境に興味があったからです。

医療機器メーカーを活動の中心に据えた理由は、昔から病院通いの親戚・知り合いを見てきたことにより「治療」というもの(特に医薬による保存的治療よりも外科的治療)に興味を持ったこと、また医療機器メーカーに勤める知人からも薦められたからでした。

当時のオリンパス テルモ バイオマテリアル営業職は中途採用者のみで構成されており、営業職としての新卒採用は設立後初の試み。しかもその採用数は1名のみでした。中途採用者が多いということは、自分の上司・先輩は皆その道のプロであり、その中に身を置くことで自分自身の確実な成長に繋がるのではないかと考え最終的にオリンパス テルモ バイオマテリアルを選ぶに至りました。

今後の目標


営業部初の新卒社員として業務へ邁進する日々。抱く目標は明確

入社前まで、医療業界の営業職は医学知識を備えることが重要だと考えていましたが、それよりもドクターとの関係性(信頼関係)こそが大切なのだと日々感じています。毎日忙しくされているドクターのスケジュールの合間を縫って認識頂くことは大変ですが、一度関係が出来上がれば営業もしやすくなると実感しています。そういう意味では、専門知識以上にまず社交性が要求される仕事だといえるかもしれません。

さしあたっての今後の目標は、まずは一人前の営業パーソンとして自分のスタイルを作り上げることです。そのためにも先輩方の背中を見て些細なことも貪欲に学んでいくつもりです。そして将来新人研修を任された際、今度はその後輩に自分の背中を見て学んでもらえるような、そんな存在でありたいと考えています。また、現在は愛知・岐阜エリアを担当していますが、当面は日本の五大都市の担当として売り上げをしっかり立て、ゆくゆくは名古屋支店が設立できるくらいにエリアを盛り上げていきたいです。

応募者へのメッセージ


プロフェッショナルな先輩社員が集まった当社営業部。他社より何倍もの早さで成長できる環境が整う

前述の通り私がオリンパス テルモ バイオマテリアルの営業職を選んだ理由は、ベテラン営業の先輩の背中を独り占めできることにチャンスとメリットを感じたからですが、他の部署にもスペシャリストとして長く勤めている先輩社員がたくさんいます。営業以外の職種を希望される方にとっても、向上心を持って働きたいならばオリンパス テルモ バイオマテリアルは非常に良い会社ではないでしょうか。

一日のスケジュール

パターン1

8:45
自宅で事務処理(メールチェック・発注等)を行ってから出発
11:30
担当エリアの病院到着。外来やオペ室周辺でドクターやディーラー(販売代理店)と面会し営業活動や症例確認
13:00
担当エリアの病院にてオペの立会い
17:30
担当エリアの病院訪問。午後外来やオペ終わり、または医局を訪問しドクターやディーラーと面会
19:30
元気なときは、自主的に代理店訪問し情報収集
20:00
まだまだ元気なときは、さらにディーラー訪問。情報収集

パターン2

9:00
1件目のオペ立会い
13:00
定期の病院訪問や新規営業活動1件目。外来やオペ室周辺でドクターやディーラーに面会し営業活動や症例確認
14:00
近場で訪問できるところがあれば定期訪問や新規営業活動2件目。その後昼食を摂るなどして休憩
16:00 以降
できる限り病院を訪問。複数軒訪問して、簡単に事務処理を行った後に帰宅


リフレッシュのための趣味を持つことも大切。そこからドクターとのコミュニケーションが生まれることも

オリンパス テルモ バイオマテリアルでは1人1台の営業車が貸与され自宅から直行直帰型で営業活動を行うため、ある程度時間の融通を利かせられます(もちろん成果が求められることは言うまでもありません)。例えばですが、忙しかった1日のリフレッシュをすべく、ここ数年の趣味であるクライミングにも定期的に通ったりもしています。また、整形外科には体育会系のドクターも多く、クライミングをきっかけにひょんなことから話題が膨らむこともあります。