学校訪問活動

オリンパステルモバイオマテリアル株式会社所属の障がい者アスリート石原正治は、社会貢献活動・地域貢献活動の一つとして、共に生きる「共生社会」の実現をテーマに、自身の体験を通した「障がいについて」「スポーツが持つ力」を中心に、学校訪問活動を行っています。

障がいについて

オリンパステルモバイオマテリアル株式会社は、その人自身にある障がいを軽減できる新しい技術や、新しい素材の開発を行っています。

石原正治は障がいがその人自身にあるだけではなく、車いす生活の範囲を狭くさせる段差や階段があることで、ソフト面とハード面が組み合わさり、複雑化・重度化していると話します。
人や社会が作った障がいは、意識次第でなくせるはずであることを伝え、バリアフリー社会を考えるヒントを、子供たちと対話することで一緒に考えます。


学校訪問活動を行う石原正治

パラ・パワーリフティング、車いすバスケットボールに挑戦

オリンパステルモバイオマテリアル株式会社は、障がい者アスリートである石原正治の取り組みを積極的に支援しています。

障がい者スポーツを体験することで、理解度・認知度を高め、障がいのある人も無い人も、誰もがスポーツに親しむ機会を持っていることを伝え、スポーツで可能性を追求する人の姿は、障がいのある・無い関係なく人々の関心を惹き付け、夢や感動を与えることができると話します。