主な事業活動

主な取り扱い製品

人工骨やコラーゲン由来の生体材料、金属インプラントなど、幅広い製品を取り扱っています。
また、これらを組み合わせることによるシナジー効果により、病院や患者さんに対し、安全で新しい手術のソリューションをご提案いたします。

整形・脊椎:人工骨(吸収性・非吸収性)と医療用金属製品、創傷治療:人工真皮(コラーゲン)、歯科:抜歯創用補填剤(コラーゲン)、これらが新しい治療を提案します。

当社開発の例 ~変形性膝関節症とHTO手技~

膝痛の主な原因である「変形性膝関節症」は、症状に応じ治療の選択肢が異なります。これまで外科的治療の多くは人工関節置換術が行われてきましたが、当社は膝治療に携わる医師と共に高位脛骨骨切り術(HTO;High Tibial Osteotomy)の普及活動に努めてまいりました。侵襲が少なく、また関節が温存または再生されるこの方法は手術後の日常生活に対する制限が比較的少なく、完治すればその後のスポーツや正座が可能になるなど患者さんのQOL向上に大きく寄与します。

荷重線が膝関節の内側を通ってしまうと、荷重線と骨が接触して痛みが生じてしまいます。手術により矯正することで、荷重線が膝関節の外側を通るようになります。オープンウェッジとは:脛骨をカットして開いて人工骨を入れ、プレートとスクリューで固定します。初期や変形が小さい場合に行う方法です。 ハイブリッドクローズドウェッジとは:変形が強い場合や膝のお皿が損傷している場合に行う方法です。

荷重線が膝関節の内側を通ってしまうと、荷重線と骨が接触して痛みが生じてしまいます。手術により矯正することで、荷重線が膝関節の外側を通るようになります。

オープンウェッジ


脛骨をカットします


開いて人工骨を入れます


プレートとスクリューで固定します
(初期や変形が小さい場合に行う方法)

ハイブリッドクローズドウェッジ


変形が強い場合や膝のお皿が損傷している場合に行う方法

膝関節軟骨のすり減りと自覚症状 ※痛みの現れ方には個人差があります。

1.関節軟骨がすり減り始める

ぶつけたわけでもないのに、時々痛むが、しばらくすると治る。

2.関節軟骨が一部消失する

階段の上り下りや、いすから立ち上がる時など、特定の動きで痛みを感じる。

3.関節軟骨がほぼ消失する

歩くだけでも痛む。安静にしても痛みが治まらない。

4.関節の骨がすり減り始める

強い痛みで杖を使っても短い距離しか歩くことができない。

当ページに掲載されている内容は、製品理解のために一般的な使用状況をご紹介・情報提供するもので、疾病等の治癒を保証するものではございません。