本文の始まりです

社長挨拶

-医希生輝、イキイキ-
「医療に希望と生命に輝きを!」

代表取締役社長 小川 哲朗

企業理念である「医希生輝(いきいき)」は、「医療に希望と生命に輝きを」という願いから生まれました。生体が本来持っている治癒力を引き出すことで、生体組織をいきいきと蘇らせる再生医療を通じて、病気やけがに苦しむ患者さまが健康で“イキイキ”した生活を送れるようにすることが私たちの使命です。

当社は、1999年にβ-TCP(ベータリン酸三カルシウム)を成分とする「骨補填材 オスフェリオン」を発売したオリンパスグループのバイオマテリアル事業として2004年に当該事業と再生医療の研究を目的にオリンパス株式会社の100%子会社として設立された「オリンパスバイオマテリアル株式会社」が前身です。

2005年には、ハイドロキシアパタイトを主成分とする「骨補填材 ボーンセラム」の事業を住友大阪セメント株式会社と住友製薬株式会社から譲り受け、骨補填材のラインアップを拡充しました。

また、2007年4月には、新しい人工骨複合材の開発を目指してテルモ株式会社のコラーゲン事業を統合し、コラーゲンを成分とする人工皮膚「テルダーミス 真皮欠損用グラフト」、抜歯後の治癒を促進させる「テルプラグ」をラインアップに加え、バイオマテリアルの開発領域を広げました。これを機に、当社はオリンパス株式会社とテルモ株式会社の共同出資会社となり、オリンパス テルモ バイオマテリアル株式会社と改名しました。

これら、セラミック、コラーゲン、複合材、金属など当社が持つバイオマテリアル製品を組み合わせることで、骨、軟骨、皮膚など生体組織の再生医療の早期実現を目指しております。

当社は、今後、米国、欧州、アジアなどを中心にした研究開発、営業活動を推進し、当社の製品を通じてより多くの人々に「医希生輝(いきいき)」をお送りできるよう取り組んで参ります。

代表取締役社長  小川 哲朗

お問い合わせやサイトのご利用条件等のメニューです